こまめに連絡を取って距離をほぐすのです

ガードの固い女性を誘うのは大変だという男性は多いです。
どうすれば誘い出せるのかその方法が知りたい男性もいるようです。
男性ばかりがそんなことを言っているような感じがしますが、男性にも真面目でガードの固い人はいます。

真面目な男性は大抵仕事の事ばかりを考えていますし、話をしていても堅い話です。
しかし、こういった固い男性ほど気になったり、好きになってしまったりするものです。
すると女性は異性として意識させたい、女性として強調したほうが良いのかと考えます。

ガードの固い男性と1対1で話すきっかけがあれば盛り上がる話題が欲しいです。
しかし、やはり仕事の話に偏ってしまったり、車やスポーツの話になってしまう傾向があります。
色気のない話が多くなるのです。
女性を意識してもらいたいということで飲みに行くというのもひとつの手かもしれませんが、
食事よりも飲みに行くことを誘うのはなかなか難しいものです。
急がずゆっくり進んでいくしかないのかもしれません。

こまめに連絡を入れて、時間があるときに話をして、少しずつコミュニケーションをとるようにします。
差し入れも良いでしょうし、少しずつ仲良くなってガードをほぐしていきます。
そうすれば一緒に出かけることもできるようになるかもしれません。
少しずつ距離を縮めていく作戦です。

ガードが固い人は異性を意識するよりも、信頼感や安心感を大切にする傾向があります。
真面目でガードが固い男性は、かなり貴重だと思って良いと思います。
物足りなさを感じる時もあるかもしれませんが、付き合うとほかの男性とは違う魅力を感じると思います。
落ち着いていますし、チャラチャラすることもないので良い関係になれると思います。

現在付き合っている女性がいる場合は、他に目を向けない傾向があります。
真面目に見えていただけということもありますが、難しいことを考えずに自然体で向き合うのが良いと思います。

ガードが固すぎる自分を悩んでいる女性もいます

彼女がいない場合、女性に声をかけて、手っ取り早く彼女を作りたいと思うかもしれません。
どうやって誘えば成功するのか、普段身近にいる人でも、コミュニケーションからどんな誘い方をすれば良いのか、中には恋愛本を参考にする人もいるかもしれません。
しかし、現実はなかなかうまくいかないものです。
恋愛は相手がいるからこそ成立するもので、人の顔と同じで考え方も違いますし、恋愛も違います。

おとなしい男性が活発な女性を誘う方法、アクティブな男性が物静かでガードの固い女性をさそう方法などがあります。
みんながみんなうまくいっているというわけではないでしょうが、どれだけの人が成功しているのかわかりません。
方法通りにしたのに上手くいかなかった場合は違う方法を学ぶ必要があると思います。

ガードがかたい女性は誘いづらいですが、ガードが固いことで悩みを抱えている女性もいます。
周りからも恋愛に対して指摘されることも多いようです。
年配の人からガードが固すぎるからもう少し物事柔らかく考えたほうが良いなどと言われることもあります。
しかも、ガードが固すぎるとつまらない女性に見えると言われることもあるようです。

ガードが固くて何が悪いのか・・・こう思うでしょう。
しかし、周りに言われすぎると本人はへこむものです。
明るいようだけど、周りの同年代よりも落ち着いていると言われることもあります。
さらにしっかりしているつもりがないのに、そう言われてしまうことも多いようです。
しかし、本人自体はもっと明るくはじけたいとも思っているようです。

男性はガードが固いから遊びに誘っても断られるし、面白くないとかんじることがあります。
長女気質というわけではないですが、ガードが固いせいか甘えることもできません。

誰に対しても、良い子にしているので、本人としてはストレスを抱えています。
そこで自分を嫌いになってしまうこともあります。
ガードが固いせいで彼氏ができず・・・でも本音は自由に恋愛したいと思っています。
恋愛経験がなさすぎて、何をどうしたらわからないというのがガードの固い女性にあるようです。

おもてなしの心で楽しみましょう

ガードの固い女性を好きになった場合、まずはもてなし役になりましょう。
基本的にガードが固いと、男性をじっくりと品定めして、そのあと心を開いていきます。
最初から仲良くなりたいところですが、自分に心を開いてもらうことばかりに集中すると失敗してしまいます。

まずは女性の警戒心を解くことから始めて行きましょう。
現在好きな女性がガードが固いのであれば、ここは気をつけなくてはいけません。

ガードの固い女性はデートに誘われると、遊ばれる、下心がある、女好き・・・と色々なことを考えてしまいます。
デートに誘うだけではなく、徹底して相手をもてなすようにすれば、少しは違った感情を持つかもしれません。
自分が中心なわけではなく、あくまでもあなたに楽しんでもらいたい・・・ということが伝わるようにしましょう。
自分のことを考えてくれているということで、女性も悪い気はしないと思います。

好きなものは何か、趣味は何か、興味のあることは・・・これらのじょうほうを集めておきましょう。
これらに関することでデートに誘えば相手も喜ぶと思います。
自分をとことん楽しませてくれるデートであれば、誰でも嬉しいものです。
実際にデートになったとしても、一生懸命さが伝わるかもしれないので、女性は感動してくれるかもしれません。

あらかじめ徹底したリサーチを行い、プランをしっかりと練ります。
誘われた女性はサプライズのような感覚になると思います。
なにが好きなのか、興味があるのか、女性に直接聞いてデートを練るのも良いと思います。
相手をとにかく楽しませることに徹底すれば、デートもきっと良いものになると思います。

あからさまに誘うと警戒されるので・・・

警戒心が人以上に強く、ガードが固い女性を誘いたい場合には「デート」という言葉で誘ってはいけません。
あからさまな誘い方をすると警戒されてしまいますし、必ず断られてしまいます。
好意があるということを明らかにアピールするのはガードが固い女性には逆効果にしかなりません。

ガードの固い女性を誘いたい場合には、デートの定番である、遊園地や映画館などに誘うのは避けましょう。
映画館や遊園地などの場所は警戒心を強めることになってしまいます。
付き合っているわけでもないのに彼氏気取りと思われてしまうので気をつけましょう。

カードの固い女性を誘いたい場合は、ショッピングなどがおすすめです。
女性にアドバイスをしてもらいたい・・・という感じでショッピングに誘えばデートという雰囲気を与えません。
これは目的がはっきりしているからです。

あくまでも用事に付き合った欲しいというアピールをしましょう。
そうすれば相手も応じてくれる可能性が高くなります。

また丸一日付き合ってもらう誘いはやめましょう。
ついでで構わないというように誘うと効果的だと思います。
お互いの用事が済んだあとであれば、より応じてくれる可能性が高くなります。

数時間付き合ってもらって、お礼に食事をご馳走する形にすればデートっぽい感じになります。
どうやって誘い出すかが重要ですが、警戒心を持たせないようにうまく相手に伝わる口実を考えましょう。